ここから本文です

高島礼子が納棺師役で主演、「おみおくり」2018年に公開決定

8/1(火) 10:00配信

映画ナタリー

永井結子のエッセイ「今日のご遺体 女納棺師という仕事」を原案にした映画「おみおくり」が2018年3月に公開されることが決定した。

「ピカレスク・人間失格」「棒の哀しみ」の伊藤秀裕が監督を務めた本作。人の死に触れる納棺師という職業を通して、生きることへの希望を見出そうとする人々の姿が描かれる。愛する人との悲しい過去を背負う主人公のベテラン納棺師・満島弥生に高島礼子、事故で両親を亡くした過去を持つ河村亜衣に「八重子のハミング」の文音が扮した。映画では恋人や家族を亡くした人々の7つのエピソードが語られる。

「おみおくり」は、東京・有楽町スバル座ほか全国で順次ロードショー。

(c)2018「おみおくり」製作委員会

最終更新:8/1(火) 10:00
映画ナタリー