ここから本文です

アップル、中国App StoreでVPNアプリ提供停止、当局規制に対応も業者から非難の声

8/1(火) 17:13配信

BCN

アップル、中国App StoreでVPNアプリ提供停止、当局規制に対応も業者から非難の声

上海市南京東路のアップルストア

 米アップルは7月末までに、中国のApp Storeで複数のVPNアプリの提供を停止した。「ExpressVPN」「VyprVPN」などの海外で主要なVPNアプリが取り除かれている。アップルは、中国の法規制に対応するための措置だと説明している。

 中国では、当局による規制によって、一般インターネット回線ではFacebook、Twitter、Googleなど、海外で普及している特定のサービスを利用できない。そのため、現地で生活するインターネットユーザーの多くは、VPNを経由してこれらサービスにアクセスしている。

 これに対し、中国当局はこれまで随時、国を跨ぐVPNの接続を遮断してきた。今年1月には、工業和信息化部(工信部)が当局の認可を得ていないインターネットサービスの取り締まりを強化する方針を示した。無許可営業や越権営業、層層転貸(名義貸し)といった違法行為を取り締まるという内容だ。その対象にはVPNも含まれ、事業者は当局による認可が求められる。

 今回、中国App Storeから削除されたVPN事業者は、個別にアップルから通知を受けている。そのなかで同社は、「中国では違法であり、App Storeの審査ガイドラインに準拠しないコンテンツが含まれている」と説明。中国当局からの要請に応じ、規制に合致しないVPNアプリを削除したかたちだ。

 一方、VPN事業者はアップルの対応を非難。ExpressVPNは声明のなかで、「この展開に落胆している。VPNの利用をブロックするために中国政府がこれまで行ってきた措置のなかで最も思い切った手段だ。Appleが中国の検閲の取り組みを支援していることに困惑している」とした。

 アップルは、このところ中国当局の方針に波長を合わす動きを示している。7月12日には貴州省政府と戦略提携し、中国に初のデータセンター(DC)を開設すると発表したが、その狙いについても、「新たな規制(中国サイバーセキュリティ法)に対応するため」と説明している。同法では、政府が規定する重要情報インフラの運営者に対して、中国国内で収集および発生した個人情報・重要データの国内保存を義務づけている。

最終更新:8/1(火) 17:13
BCN