ここから本文です

【羊飼いのFX突撃取材】米ドル安の地合が続くかもしれない

8/1(火) 13:00配信

ZUU online

2017年8月1日11時過ぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ)

■現在の為替相場の傾向や相場観

米ドル/円がさらに下落しそうだ。直近の7月11日の高値である114.49円付近を付けて以降、ダウントレンドチャネルを横に抜けた後、現在、また昨日の安値を抜いたところだ。IMMの円売りポジションがピークを付けたところから5000枚しか減っていないという現状をみると、イコール含み損を抱えている人が多くいる、つまりこれ以降も必然的に投げ売りのショートが出てくるという流れになる。

110円割れはオプションや本邦輸入企業の買いオーダーなどもあるため、それなりに堅いとは思われるものの、109.80円がもし割れたら、次は108.75円、それが割れたら次のターゲットは107.50円とみている。(小林社長、電話取材中に「利食いたいからちょっと待って」と110.064円で買い戻されてました。)

■現在の為替相場の戦略やスタンス

今週は金曜日に米雇用統計を控えているが、来月9月に利上げが実施されると思っている人間はマーケット内にもう誰もいないこともあり、よほどのサプライズでもない限り、さほどの注目度でもないだろう。今週の米ドル/円予想レンジとしては、上は既にやや遠く感じつつも112.10円から下は108.75円とみている。トランプ政権の閣僚の更迭の多さも不安定な印象を与え、米ドル安を招く要因となっている。また、もしかしたらトランプ大統領任期中は米ドル安の地合が続くかもしれない。

小林芳彦
1979年3月慶応義塾大学商学部卒、同4月株式会社協和銀行入行。 外国為替研修生・営業店外国為替業務経験後、1987年から本店資金為替部調査役。 インターバンク(フォワード)ディーラー・カスタマーデスクヘッドなどを歴任後、1989年10月よりクレディスイス銀行(資金為替部長)、1997年クレディスイス・ファーストボストン銀行(シニアセールス)、1998年バイエリッシェ・ヒポ・フェラインス銀行(為替資金部長)、2001年バンク・オブ・アメリカ(為替資金部営業部長)で当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。

最終更新:8/1(火) 13:00
ZUU online