ここから本文です

大型補強のミランに期待高まる…チケットの販売開始にファン殺到のバカ売れ

8/1(火) 16:44配信

GOAL

今夏、大型補強を敢行したミランのチケットが驚異的なスピードで売れている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が31日、伝えている。

ミランは31日、2017-18シーズンの年間チケットの一般販売を開始した。同時にインスタグラムでは「ミランのために…サンシーロを埋め尽くそう」と、ミラン黄金期の再興を予感させるスローガンでファンにチケットの購入を呼びかけた。

ミランはここ数年、不況にあえぐシルヴィオ・ベルルスコーニ元名誉会長の下、大型補強に踏み切れず低迷が続いていた。4月に31年間にわたったベルルスコーニ体制が幕を閉じ、中国グループが新オーナーに着任すると今夏、大幅な改革が始まった。移籍市場では、ポルトガル代表でFWクリスティアーノ・ロナウドの後継者と目される21歳のFWアンドレ・シウバやユヴェントスの6年連続優勝に貢献したDFレオナルド・ボヌッチら選手を10選手以上獲得している。また昨シーズン、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いる若手ミランで守護神を務めた18歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマがミラン残留を決めたことも後押しし、シーズン開幕へ向けてファンの期待が一挙に高まった。

■今季のチケットの売れ行きがスゴイ

一般販売がスタートする31日の早朝から、カーザ・ミランにはチケットを求める大勢のファンが押し寄せ列をなした。ミランの公式ウェブサイトにもアクセスが集中し、チケットの販売に遅れが生じたほどだ。販売開始の13時からわずか数時間で約6000枚の年間チケットが売れている。昨シーズンからの継続は9割程度が希望しており、1万4000人ほどとなっている。このため現段階では約2万人が継続的に観戦に訪れることになる。販売数は依然として伸びる一方で、新生ミランの人気ぶりがうかがえる。なおミランは年間チケットの販売数を4万5000枚まで伸ばしたい意向だ。

また3日にミラノで行われるヨーロッパリーグ(EL)クラヨーヴァ戦のチケットも5万6000枚がすでに販売されており、売れ行きに勢いが増している。まだ予選3回戦ということを考慮すると、驚異的な数字と言えるだろう。

GOAL

最終更新:8/1(火) 16:44
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合