ここから本文です

D・コスタ、やはりチェルシー練習には不参加 古巣復帰希望もタイムリミット迫る

8/1(火) 16:49配信

ISM

 アジアでのプレシーズンツアーを終え、8月1日(以下現地時間)からホームタウンであるロンドンで、トレーニングを再開するチェルシー(イングランド)。王者として臨む新シーズンに向け調整を続けるチームだが、やはりFWジエゴ・コスタは合流しないようだ。

 プレミア連覇とチャンピオンズリーグ優勝を目指すチェルシーは、先日まで上海やシンガポールを回るアジアツアーを行い、数日間のオフを挟んで、1日からロンドンで練習を再開する。しかし、31日のスペイン『マルカ』紙(電子版)によると、やはりここでもD・コスタは練習に参加しないという。

 D・コスタは、アントニオ・コンテ監督との関係が修復不可能となっていると伝えられている。昨季のプレミアリーグ優勝に貢献した同選手だが、指揮官から構想外であることをメールで伝えられたと主張し、チームへの合流を拒否。現在は1人でトレーニングをしながら、移籍先を探している。

 同選手は、以前から古巣であるアトレティコ・マドリー(スペイン)への移籍を希望している。しかし、いまだ復帰は成立しておらず、28歳のスペイン代表FWは早期の決着を望んでいると伝えられている。

 しかしながら、チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏は、アトレティコとの交渉が長期化するとなれば、他のクラブへの売却も躊躇しないという。『マルカ』は、そうなれば、来年行われるW杯への出場を望む選手は、そのオファーを聞かざるを得ない状況になると伝えている。

 アトレティコのディエゴ・シメオネ監督と、相思相愛とも伝えられるD・コスタ。しかし、タイムリミットが近づいてきているのかもしれない。

最終更新:8/1(火) 16:49
ISM

Yahoo!ニュースからのお知らせ