ここから本文です

<トットちゃん!>黒柳徹子役は清野菜名 「衣装も足のサイズもぴったり!」 本人驚きの再現度

8/2(水) 6:00配信

まんたんウェブ

 タレントの黒柳徹子さんの半生を描き、10月にスタートする昼の帯ドラマ「トットちゃん!」(テレビ朝日系)で、女優の清野菜名さんがヒロインの“トットちゃん”こと黒柳徹子役を務めることが2日、明らかになった。清野さんは「このお話をいただいたときは信じられない気持ちでいっぱいで、いったい自分に何が起きたのだろうと思いました」といい、「徹子さんの衣装は全て徹子さんのスタイルに合わせて手作りされたものとお聞きしていますが、着てみたら全てジャストサイズで足のサイズもピッタリ。そこに、とても不思議な縁を感じました」と明かしている。

【写真特集】数々の徹子伝説を完全再現 英国のエリザベス女王との掟破りの女子トーク

 清野さんは、黒柳さんのおなじみの“タマネギへア”にし、若かりしころの黒柳さんの衣装を身に着けた“徹子スタイル”で黒柳さんと対面。黒柳さんは「清野さんがスタジオに入っていらしたとき『私だ!』と思った」といい、「本当にビックリしました。私のお洋服をお貸ししたのですが、とてもお似合いですし、タマネギヘアもピッタリ。可愛らしいだけでなく、たたずまいがとても私に似ていますね」と再現度の高さに満足しているようだ。

 また清野さんも「徹子さんから『素直に元気に演じてくだされば大丈夫。ただ乱暴な言葉遣いにだけはならないようにね』と励ましていただいたので、“おてんばで素直でかわいいけれど、気品がある”というトットちゃん像を頭にしっかりおいて、最後まで楽しく演じていきたいと思います」と気合十分。「私も興味の赴くまま会話を進めてしまうところがあって、そこはすごく徹子さんに似ているなと思いますし、台本に導いてもらいながら、徹子さんの人生をもう一度私なりに表現し、それを視聴者の皆さんにお送りしていきたい」と意気込んでいた。

 ドラマは、石坂浩二さん主演、倉本聰さん脚本の「やすらぎの郷」が話題のテレ朝昼の帯ドラマ枠「帯ドラマ劇場」の第2弾。ヒロイン・徹子とその家族の激動の昭和史を描く。徹子が生まれる4年前の母と父の出会いから始まり、テレビ女優の1期生として活躍したNHK時代や国境を超えた恋の話も登場する。オペラ歌手を志望し音楽学校に通っていた徹子の母・朝を松下奈緒さん、天才的なバイオリニストだった父・守綱を山本耕史さん、子供時代の徹子を子役の豊嶋花ちゃんが演じる。

 また徹子の両親が暮らしていた「乃木坂倶楽部」の住人でダンサーのダニー市川役に新納慎也さん、徹子と親交のあった人気脚本家・向田邦子役に山田真歩さん、徹子の大親友だった国民的俳優・渥美清役に山崎樹範さんが決定。10月から毎週月~金曜午後0時半に放送される。