ここから本文です

「君の名は。カフェバス」運行開始 四ツ谷や信濃町など映画の舞台周遊 /東京

8/1(火) 15:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 KADOKAWAグループの新設旅行会社であるクールジャパントラベル(文京区)と移動ソリューション事業を手掛けるWILLER(新宿区)は8月3日より期間限定で、映画「君の名は。」で描かれた東京の舞台を巡る「君の名は。カフェバス」を運行する。(市ケ谷経済新聞)

運行ルートにはデートの待ち合わせ場所として登場する四ツ谷駅も

 日本に2台だけのWILLERオープントップバス「レストランバス」にオリジナルラッピングを施し、作品の舞台となった東京のスポットを周遊する同企画。劇中で描かれた新宿や信濃町の街並みをはじめ、主人公・瀧や三葉が訪れた場所、奥寺先輩とのデートの待ち合わせ場所として登場する四ツ谷駅や東京に来た三葉が瀧に電話をするなど大事な場面で登場する信濃町駅前陸橋など、数々のスポットを車窓から楽しむことができる。

 開放的な2階席では、全国で好評を博した「君の名は。カフェ」の人気メニューをカフェバス用にアレンジした「君の名は。カフェバス」スペシャルセットを提供。「瀧と入れ替わった三葉も思わず写真を撮りたくなったパンケーキ」「司と高木からもらったタマゴサンドとコロッケで作るコロッケパン」「『お前は誰だ?』アイスラテ」の3品をオリジナルコースター1種とともに提供する。

 「『君の名は。』を愛する全世界の方々にお楽しみいただけるよう、外観や内装はもちろん、メニューや運行ルートにもこだわった。劇中で出てきた『あのシーンを訪れてみたい』『あのサンドイッチを食べてみたい』といった思いをかなえ、『君の名は。』の世界感を存分にお楽しみいただきたい」とWILLERのPublic Relations Divisionセクションチーフ・成島千絵さん。「映画の舞台の中でお客さま自身が好きなシーンや感動したシーンを、スポットを巡るごとに思い出していただければ」と呼び掛ける。

 料金は5,800円(カフェメニュー付き)。東京駅鍛冶橋駐車場発着。所要時間は90分。9月29日まで。予約はホームページなどで受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク