ここから本文です

<水泳>パク・テファン、「ジャカルタAGではいい成績を出したい」

8/1(火) 14:24配信

WoW!Korea

6年ぶりの世界選手権大会で期待以上の成績を得たパク・テファン(朴泰桓、27)が1日、帰国した。

パク・テファンの紹介と写真

 ハンガリー・ブダペストで開かれた2017世界水泳選手権大会に出場したパク・テファンは男子400メートル自由形で4位に入り、200メートル自由形は決勝に進んだ。最後の種目である1500メートル自由形では決勝進出に失敗したが、6年ぶりの挑戦は明らかに良い成果を残した。

 世界最高の選手たちと対決で望んでいた結果を得ることができなかったが、パク・テファンは2018ジャカルタアジア大会の挑戦を説明した。パク・テファンは「残念さが大きく残る大会だった。記録的な部分でプレッシャーになった」とし「今大会が最後になるだろうと悩んだりもしたが、ジャカルタアジア大会はしっかりと準備する。インドネシアで開かれる大会で、しっかりと準備すればいい成果を出すことができる」と述べた。

 また彼は「試合を終えた後、世界選手権を準備する過程に対して悩みが多かった。期間的な悩みも多かった。ずっと外国で生活しながら心の余裕が持てなかった。途中、韓国入りできず精神的にとても疲れていた。そのような部分が残念だが、これもいい経験だ。アジア大会のための過程だと思った」と述べた。

最終更新:8/1(火) 14:24
WoW!Korea