ここから本文です

nuroモバイル、「データ前借り」サービスや「深夜割」プランを提供

8/1(火) 13:13配信

ITmedia Mobile

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、MVNOサービス「nuroモバイル」向けの新しいプランやオプションサービスを発表した。

【「深夜割プラン」】

●データ前借り

 翌月のデータ容量を当月分として利用できる「データ前借り」を8月1日から提供する。月末などに高速データ容量が足りなくなったときに便利。データは10MB以上1MB単位、最大2GBまで前借りでき、前借り回数に制限はない。また前借りに手数料は掛からない。申し込めるのは月初日~月末の前日。

 前借りして当月内に使い切れなかったデータも翌月に繰り越せる。高速データ容量を追加購入できる「チャージ」と、他のユーザーとパケットを分け合える「パケットギフト」とも併用できる。

 モバイル事業部門 ビジネス開発部 部長の細井邦俊氏は、データ前借りサービス提供の狙いについて「データが足りなくなるのが月の後半というお客さまが多い。『チャージをするまでではないけど、もう少しあればいいのに』という声があったため」と説明する。

●10分かけ放題

 月額800円(税別、以下同)で提供していた国内通話の「5分かけ放題」を、8月1日から「10分かけ放題」に拡充する。料金は月額800円で変わらず、10分を超過した通話時間は30秒あたり10円。nuroモバイルと0 SIMが対象で、5分かけ放題を利用しているユーザーは8月1日に自動で10分かけ放題に切り替わる。

 nuroモバイルの2GBプランと組み合わせた場合の月額料金は2200円。500MB未満まで通信料がかからない「0 SIM」と組み合わせれば、月額1500円から10分かけ放題が利用できる。

●深夜割プラン

 午前1時から6時までの時間帯に高速通信が使い放題となる「深夜割プラン」を8月1日から提供する。料金は既存の「5時間プラン」よりも1000円安い月額1500円(データSIMの場合)。午前1時~6時以外の時間帯は200Kbpsの低速通信に制限されるが、最初の読み込みだけ高速通信が可能になる「初速バースト」機能は利用できる。

 細井氏は深夜割プランのターゲットについて「昼はほとんど通信しないが、夜、仕事やプライベートで使う人」と説明する。深夜割はオプション扱いではないので、昼も夜も高速通信を使いたければ、2枚のSIMを契約する必要がある。

●その他のサービス拡充

 nuroモバイルで購入した端末と、他で購入した端末を対象にした補償サービスを月額500円で提供する。前者は購入から36カ月間、後者はメーカー発売日から36カ月間、破損や水ぬれを補償する。自然故障の場合、nuroモバイルで購入した端末は無期限で補償する。

 ユーザーの自宅に訪問して設定や手続きをサポートする「訪問サポート」を1回(45分)あたり8000円、端末の設定を遠隔でサポートする「遠隔サポート」を1回あたり3000円(基本レッスン)で提供する。

 MVNOユーザーの海外でデータ通信をしたいというニーズに応えるため、海外のWi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」の受け渡し手数料を無料とし、通常価格の15%割り引きで利用可能になる。

●新機種を追加、支払い方法も拡充

 nuroモバイルで購入できる新機種として、スマートフォンは「ZenFone Zoom S」「ZenFone Live」「NuAns NEO [Reloaded]」、モバイルWi-Fiルーターは「+F FS030W」を追加する。

 nuroモバイルで購入できる端末の支払い方法を拡充する。ヤマト運輸の「宅急便コレクト」を追加し、現金、クレジットカード、電子マネー、デビットカードが利用可能になる。また24回分割払いの口座引き落としにも対応する(ジャックスの審査と分割手数料が必要)。

 なお、通信費の支払い方法拡充については「次のステップとして検討している」(細井氏)とのこと。

最終更新:8/1(火) 13:13
ITmedia Mobile