ここから本文です

阪神が4点追う五回に反撃 福留の左前適時打などで2点差に迫る

8/1(火) 20:06配信

デイリースポーツ

 「広島-阪神」(1日、マツダスタジアム)

 阪神が4点ビハインドで迎えた五回、上本の右犠飛、福留の左前適時打で2点を返した。

【写真】福留 PL学園の1年後輩が甲子園出場監督に

 この回、先頭の坂本が三塁内野安打で出塁。打球がイレギュラーするラッキー打でチャンスメークすると、岩貞の代打として登場した大山も左前打でつないだ。さらに西岡も中前打で続き、無死満塁の絶好機を作った。

 ここで打席に立った上本は初球、外角低めの134キロスライダーを狙った。フルスイングした打球は右方向に、犠牲フライには十分な飛球。三走・坂本が悠々とホームを踏んだ。さらに続く1死一、三塁で福留が左前適時打。外角低めに沈むチェンジアップに反応し、主将の技あり打で2点差とした。

スポーツナビ 野球情報