ここから本文です

“手紙”にまつわる映画を夜空の下で上映、その場で手紙を出せる臨時郵便局も

8/1(火) 21:04配信

映画ナタリー

“手紙”が物語のキーとなっている映画の野外上映イベント「Surprise Trip Letter 2017」が、東京・目黒のSTUDIO EASEで明日8月2日から6日にかけて開催される。

【写真】「ジュリエットからの手紙」 (c)2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.(他7枚)

イベントではアマンダ・セイフライド主演の恋愛ドラマ「ジュリエットからの手紙」と、フランスの劇作家エリック=エマニュエル・シュミットが自身のベストセラー小説を映画化した「100歳の少年と12通の手紙」の2本を日替わりで上映。映画鑑賞は無料だが、入場にはオリジナルレターセットの購入が必要となる。料金は手紙の“ふみ”にちなみ、230円。海外風オリジナル切手が同封されており、「STUDIO EASE臨時郵便局」で手紙を出すとオリジナル消印を押してもらうことができる。なお入場料には“ボタニカル”をテーマとしたフードやノンアルコール飲料を楽しめるチケットの代金も含まれている。ヨーロッパの街並みを再現した会場で非日常に浸り、夜空を眺めながら手紙をしたためてみては。

イベントの詳細は「Surprise Trip Letter」公式サイトを確認しよう。

Surprise Trip Letter 2017
2017年8月2日(水)~6日(日)東京都 STUDIO EASE
入場、映画観覧チケット配布開始 18:00 / 開映 19:00 / 退出 21:00
入場料:230円
※レターセット、フード・ドリンク券付き
※映画観覧は無料、先着80名まで
<上映作品>
8月2日(水)、4日(金)、6日(日)「ジュリエットからの手紙」
8月3日(木)、5日(土)「100歳の少年と12通の手紙」

最終更新:8/1(火) 21:04
映画ナタリー