ここから本文です

アニマル浜口、娘・京子の東京五輪出演を希望し、妻から怒られる

8/2(水) 17:45配信

オリコン

 元プロレスラーのアニマル浜口らが2日、都内で行われた公営競技の総合サービスサイト『オッズパーク』が企画する「知らナインズ」の結成会に出席。浜口は「頭の中は(娘でレスラーの浜口)京子のことしかないんだよ。『2020年の東京オリンピックに出てもらいたい』と言ったら、女房に『結婚しなきゃどうするの』と怒られて、喧嘩してから出てきたんだ!」と家族喧嘩をぶっちゃけて、会見を盛り上げた。

【写真】“大絶叫”する浜口の顔に、ハンカチをかける彦摩呂

 「知らナインズ」は公営競技の競馬、競輪、オートレースを全く知らない著名人に即興でレース実況させ、「ニコニコ生放送」で生配信するために結成された。リーダーの浜口のほかに、グルメリポーターの彦摩呂、芸人の鳥居みゆき、ゴー☆ジャス、どきどきキャンプ・岸学、ラッパーのUZI、モデルでプロ麻雀士の岡田紗佳らが参加。残りの2人は後日発表される。

 それぞれ別番組の収録として話を聞いて会場に来ており、彦摩呂は「ちょい足しすることで激マズになるグルメの企画で来た。知らないジャンルの実況をどうしよう…」と困惑。「知らない」ことがルールのため、岸は「勉強したらクビになると聞いた」と告白し、得意としているドラマ『24 -TWENTY FOUR -』のジャック・バウワーのモノマネでの競馬実況をムチャ振りされて、「馬がすごい走っている!」と絶叫。鳥居から「24時間頑張ってください!」と激励されていた。

 一方、ゴージャスは「2代目“ピコ太郎”を狙います」と宣言し、UZIは「リーダー・アニマルさんを中心に俺たち輪になる!」と韻を踏んだ即興ラップを決めた。そんな一同に、岡田は「キャラが濃すぎて何をしたら……」とたじろいでいると、浜口は「“まあジャン”ジャン話せばいい!」と雀士の岡田に、ダジャレを交えた豪快なエールを送っていた。

 そんな中、浜口が競馬の映像を見ながら、初めての即興実況を開始。「人馬一体となってる! 人生は“ウマ”くいく!」とダジャレ混じりで名調子。だが、レースがエキサイトしてくると浜口は「京子、行け~! カマンゴー(カム&ゴー)!」と映像にいない京子の名前を出して大絶叫。その後も、一方的に話し続ける浜口は、彦摩呂からハンカチを顔にかけられ、ついには岸からモノマネ用のおもちゃのピストルを向けられるなど、大爆笑で会見は幕を閉じた。

最終更新:8/2(水) 17:45
オリコン