ここから本文です

「農家は健康長寿」本庄で早大実証 後期高齢者医療費も非農家の7割

8/1(火) 2:10配信

埼玉新聞

 農業者は非農業者に比べ健康で長寿―。早稲田大学の堀口健治名誉教授と弦間正彦教授の調査班が、埼玉県本庄市内の農業者らを対象に後期高齢者の医療費データとアンケートによる調査を行った。その結果、農業者の後期高齢者医療費は非農業者の約7割にとどまり、平均寿命は男性で8・2歳、女性で1・6歳長いことが分かった。堀口名誉教授は「急速に増加する後期高齢者の医療費を削減するためにも、60、70代以降の望ましい活動や生活の在り方などを、自営農業者を一つの事例として研究し、広報する必要がある」と話している。

 調査では、早大と包括地域協定を結ぶ本庄市の75歳以上の農業者(農地10アール以上の耕作者)のリストを基に、農業者以外の医療費と比較。県後期高齢者医療広域連合に分析してもらったところ、後期高齢者1人当たりの医療費は農業者以外の約7割(2010~14年)に抑えられていることが分かった。

 堀口名誉教授らは2、3月にアンケートも実施。本庄市内の農村部と都市部で同じアンケートを各世帯に配布し、1989(平成元)年以降に亡くなった家族の死亡時の年齢や亡くなる前の仕事の種類、仕事を辞めたときの年齢、従事期間などを調べた。

 農村部は543世帯(有効回答率14・0%)、都市部は300世帯(同16・3%)を集計。仕事の種類は(1)自営農業(2)雇われての非農業勤務(会社員など)(3)雇われての農業勤務(4)農業以外の自営業の4種類の選択記入だったが、自営農業者とそれ以外のグループの相違が大きかったため、この区分で比較を行った。

 その結果、自営農業者の男性の平均寿命は、自営農業者以外のグループよりも8・2歳長い81・5歳、女性は1・6歳長い84・1歳。自営農業者の引退までの就労期間は男性が50・8年、女性が49・1年で、自営農業者以外の男性37・5年、女性28・0年よりも大幅に長かった。

 また、引退年齢の平均は自営農業者の男性が74・2歳、女性が72・8歳で、自営農業者以外は男性64・3歳、女性60・8歳。引退後の余命は自営農業者の男性が7・4年、女性が11・0年で、自営農業者以外の男性9・6年、女性19・3年よりも短かった。

 自営農業者は男女とも70代前半まで健康に農業に従事している人が多く、引退から亡くなるまでの期間が短いのが特徴。死亡原因には老衰が多いことも分かった。

 堀口名誉教授は「今後は農業者の実際の仕事や活動のどの部分が長寿に結び付き、どのような生活スタイルが健康維持につながっているのかを明らかにしたい」と医師の協力を得て農家の健康状態や生活習慣を詳しく調べる方針。

最終更新:8/1(火) 2:25
埼玉新聞