ここから本文です

夏バテ知らず! ニンニクおとこ飯レシピ

8/1(火) 12:02配信

TOKYO FM+

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。
7月31日(月)の放送では、野菜を通じて一週間をより元気に過ごすお手伝いをする「追跡 カゴメプレゼンツ ベジライフ」のコーナーに、さまざまなメディアで活躍中の料理研究家・枝元なほみさんが登場。今回は「枝元なほみの旬野菜おとこ飯! 7月号」をお届けしました。

5月には「とうもろこし」、6月には「トマト」とこれまでも旬の野菜を使った男性でも簡単に作れるシンプルでおいしいメニューを紹介してくれた枝元さん。中西も「どれも本当においしくて、毎回収録後にはがっついてしまった」と、枝元さんの料理をいつも楽しみにしているようです。

そんな「枝元なほみの旬野菜おとこ飯!」で今回ピックアップしたのは“ニンニク”。
栄養満点のニンニクですが、毎回その都度刻んだり、炒めたりと男性が料理するとなるとなにかと大変。しかし、今回枝元さんはそんな手間も省け、なおかつさまざまな料理にも使える“ニンニクペースト”の作り方を教えてくれました。

レシピは薄皮を付けたままほぐし、オーブントースターや魚焼きのグリルでそのまま焼いて、表面に焼き色がつき、なかが柔らかくなったところで皮をむいて、指やスプーンなどで潰すだけ。
「蒸し焼きみたいな状態になっているので、皮もむきやすい」という枝元さんの言葉通り、下処理も簡単。しかも、火を通しているため味もマイルドになり、生の状態ですり下ろすよりも刺激が少なく、胃がちょっと疲れている人にもすごくいいとか。

「冷蔵庫に保存しておけばラーメンを作ったときに入れたり、炒め物の最後に混ぜてもいい」と言う枝元さんですが、この日はそんなニンニクペーストを使った豚肉のグリルとガーリックライスを紹介。
目の前に料理が用意されると、ニンニク好きの高橋は枝元さんの説明を聞き終わる前に豚肉のグリルを思わずパクリ。さらには、ガーリックライスまで手を伸ばし、「ニンニクがすごくまろやかでおいしい~!」とベタ褒め。

豚肉は下味を付けて焼き、ガーリックライスも炊きたてのご飯に塩とバターとニンニクペーストを混ざるだけとどちらも簡単。
さらに、このニンニクペーストはマスタードをはじめケチャップやマヨネーズと混ぜてもおいしく、枝元さんが「お肉ともあいますし、お野菜ともおいしいです」と言う通り、その汎用性の高さも大きな魅力。
ディップのようにして焼野菜や生野菜に付けて食べてもOKで、実際に高橋も「ピーマンとの相性も抜群です!」と満面の笑みを見せ、「夏、食欲がない方もこれなら絶対食べられると思います!」と絶賛していました。

(TOKYO FM「クロノス」2017年7月31日放送より)

最終更新:8/1(火) 12:03
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ