ここから本文です

星野リゾートと日本政策投資銀行、宿泊施設向けファンドで第2弾を設立、運用規模は総額141億円に

8/1(火) 10:10配信

トラベルボイス

星野リゾートと日本政策投資銀行(DBJ)は2017年7月31日、国内宿泊業を支援するファンド「星野リゾート旅館・ホテル運営サポート2号投資事業有限責任組合」を立ち上げることで合意した。

【図版】新ファンドのスキーム概要

運用規模は総額141億円。ファンドの運用期間は10年間とし、資本力が不十分な事業者などを金融面で支えるもの。2社が過半数を出資して事業をリードするほか、三井住友、みずほ、三菱東京UFJほか、複数金融機関などの外部LP投資家も招聘する。

今回のファンドは、星野リゾートと日本政策投資銀行が2015年12月に設立した共同運営ファンド1号に続くもの。その際の運用総額は20億円規模だったが、今回は約7倍に規模を拡大。1号ファンドでは、宿泊事業者の事業継承や耐震改修、過小資本といった経営的問題を抱える国内宿泊事業者を視点してきたが、2号ファンドではさらに新事業展開も含めた発展につなげる考え。

トラベルボイス編集部

最終更新:8/1(火) 10:10
トラベルボイス