ここから本文です

ホンダ、ダブル入賞も「前半の結果には満足できない」と後半戦更なる前進を誓う/ハンガリーGP

8/1(火) 8:17配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレン・ホンダとして、今季初めてのダブル入賞レースとなったハンガリーGP。フェルナンド・アロンソが6位、ストフェル・バンドーンが10位に入ったことで9ポイントを獲得し、コンストラクターズランキングでもザウバーを抜いて9位に上がった。

【写真】アロンソ、一足先に夏休み!? パルクフェルメで寛ぐ

 レース後、ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、次のようにコメントを発表している。

「今日はマクラーレン・ホンダの全スタッフにとって素晴らしい1日となりました。ダブルポイントでのフィニッシュは、我々にとって前向きな一歩です」

「昨日の励まされるような予選結果の後、我々にはいくらかポイントを獲得できるパッケージがあることを知っていました。フェルナンドとストフェルは共に素晴らしい走りを見せ、暑く厳しいコンディションの中で集中力を維持し、9ポイントを持ち帰るために攻め続けました」

「今日の結果は、チームメンバーによる苦労と日々の努力の結果です。私はこれに、心から感謝したいと思います」

「我々は今、良い機運と共にサマーブレイクに入ることができます。しかし、シーズン前半の結果には満足できていません。引き続き改善のための開発を進め、スパ・フランコルシャンで後半戦の好スタートができることを期待しています」

 なお先週ホンダは、シーズン後半に向けてのパワーユニットのアップグレードを続け、一説には”スペック4”パワーユニットを投入する可能性も示唆されている。また、来季に向けてコンセプトをキープしていくことも明らかにしている。