ここから本文です

斉藤由貴「言いたい事は山ほどある」念願の是枝監督作品出演も…謎めいた役に?

8/1(火) 6:30配信

MusicVoice

 シンガーソングライターで俳優の福山雅治(48)が7月31日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでおこなわれた、映画『三度目の殺人』(9月9日公開)の完成披露試写会に登壇した。この日は、出演キャストの役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、是枝裕和監督が出席した。

【写真】舞台あいさつに出席した斉藤由貴と広瀬すず

 本作は、福山演じる、勝ちにこだわる弁護士の「重盛」が、死刑がほぼ確実な殺人事件を担当することになり、役所演じる二度目の殺人を犯した「三隅」と繰り広げる法廷を舞台にした心理サスペンス。

 監督には、福山が主演となりカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した『そして父になる』の監督・脚本・編集を務めた、是枝裕和氏が務めた。

 広瀬は、是枝監督の作品『海街diary』に出演していたこともあり「前作に引き続き是枝さんの作品に出させて頂くことが出来て本当に幸せです」と再びの出演に喜んだ。

 広瀬の母親役を演じた斉藤由貴は「言いたい事は山ほどあるんですけど、私という役は歯に何かが詰まったような微妙な役なので(笑)沢山謎めいた人です。念願の是枝作品に出演させて頂けたので、頑張って演じさせていただきました」と是枝監督の作品に初出演したことを嬉しそうに語った。

 さらに、斉藤は前々から是枝監督の作品に出演したかったようで「待ちかねた感じでした。やった!という感じ。是枝監督の是枝組っていうのは、独特で華やかな雰囲気が流れていて、是枝さんが持ってらっしゃる性質がいつも感じられて。落ち着いて深く考えていくことができる、お芝居に対して。その中で演技が出来るのは凄く嬉しかったです」と感激の様子を示した。

 一方で是枝監督は昔から斉藤にラブコールを送っていたようで「そうですね。いつか一緒に作品を作りたいなとずっと思っていました。満を持してという感じですね」と斉藤への想いをコメントした。(取材・撮影=橋本美波)

最終更新:8/1(火) 6:30
MusicVoice