ここから本文です

ラックスマン、プリメインアンプの新スタンダードL-505uXII発売

8/1(火) 18:01配信

Stereo Sound ONLINE

アナログメーターはデザインを一新&LED照明装備

 ラックスマンから、AB級プリメインアンプL-505uXIIが8月下旬に発売される。価格は26万8000円(税別)。

リアパネルや内部を画像で確認

 本機は同社プリメインアンプのエントリーを担う505シリーズの最新モデルだ。2011年の発売以来、ロングセラーとなっているL-505uXをリファイン。「新たなスタンダードモデル」と位置づけ、最新の技術とノウハウを盛り込んでいる。

 独自の増幅帰還回路「ODNF」(Only Distortion Negative Feedback)は最新版のバージョン4.0を搭載。前モデルのバージョン2.3に比べ、歪低減、高域特性の改善、低インピーダンス化によるドライブ力の向上等を果たしているという。

 プリアンプ部の出力段に最上位のプリアンプC-900uと同等のディスクリートバッファー回路を採用した。これにより、繊細な音楽信号の純度を保ちつつ、パワーアンプ部を強力にドライブできるとした。パワーアンプ部はパラレル・プッシュプル構成で出力は100W×2(8Ω)だ。

 デザイン的なアイコンとなっている、フロントパネルのアナログメーターはデザインを刷新。照明もLEDとなった。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:8/1(火) 18:01
Stereo Sound ONLINE