ここから本文です

39歳の松井俊英が複でチャレンジャー6勝目 [アスタナ/男子テニス]

8/1(火) 9:00配信

THE TENNIS DAILY

 ATPツアー下部大会の「プレジデント・カップ」(カザフスタン・アスタナ/7月17~23日/賞金総額12.5万ドル/ハードコート)のダブルス決勝で、第1シードの松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)/ビシュヌ・バルドゥハン(インド)がエフゲニー・カルロフスキー/エフゲニー・トゥルネフ(ロシア)を7-6(3) 6-7(5) [10-7]で下して優勝を果たした。

ダブルスはトップシードの松井俊英/ルンガットが優勝 [F6軽井沢フューチャーズ]

 39歳の松井がチャレンジャー大会でタイトルを獲得したのは2014年11月の豊田(4万ドル/室内カーペットコート)以来で、通算6勝目となる。

 今大会の松井/バルドゥハンは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のティムール・マウレノフ/デニス・エフセエフ(ともにカザフスタン)を7-5 6-1で、準々決勝でニコラ・ミロジェビッチ(セルビア)/アルディン・セキッチ(ボスニア・ ヘルツェゴビナ)を6-7(3) 6-4 [10-8]で、準決勝ではサディオ・ドゥンビア(フランス)/ミハル・コネクニー(チェコ)を7-6(5) 7-6(1)で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は、吉備雄也(ノア・インドアステージ)と関口周一(Team REC)が本戦に出場。関口が2回戦で、吉備は1回戦で敗れ、上位進出はならなかった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス2回戦】

●22関口周一(Team REC)3-6 5-7 ○24アレクサンダー・ブブリク(ロシア)[3]

------------

【シングルス1回戦】

●6吉備雄也(ノア・インドアステージ)4-6 4-6 ○5セム・イルケル(トルコ)

○22関口周一(Team REC)6-2 1-6 6-3 ●21Dzmitry ZHYRMONT(ベラルーシ)

------------------------

【ダブルス決勝】

○1松井俊英/ビシュヌ・バルドゥハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/インド)[1] 7-6(3) 6-7(5) [10-7] ●13エフゲニー・カルロフスキー/エフゲニー・トゥルネフ(ロシア)

------------

【ダブルス準決勝】

○1松井俊英/ビシュヌ・バルドゥハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/インド)[1] 7-6(5) 7-6(1) ●6サディオ・ドゥンビア/ミハル・コネクニー(フランス/チェコ)

------------

【ダブルス準々決勝】

○1松井俊英/ビシュヌ・バルドゥハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/インド)[1] 6-7(3) 6-4 [10-8] ●3ニコラ・ミロジェビッチ/アルディン・セキッチ(セルビア/ボスニア・ ヘルツェゴビナ)

------------

【ダブルス1回戦】

○1松井俊英/ビシュヌ・バルドゥハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/インド)[1] 7-5 6-1 ●2ティムール・マウレノフ/デニス・エフセエフ(カザフスタン)[WC]

●10吉備雄也/関口周一(ノア・インドアステージ/Team REC)5-7 6-7(4) ○9アンドレイ・ゴルベウ/ドミトリー・ポプコ(カザフスタン)

------------------------

【シングルス予選2回戦】

●32竹内研人(北日本物産)[6] 1-6 3-6 ○30Daniiar DULDAEV(キルギス)

●27松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)1-6 2-6 ○25ユーゴ・グルニエ(フランス)[4]

------------

【シングルス予選1回戦】

32竹内研人(北日本物産)[6] Bye

27松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)Bye

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/1(火) 9:00
THE TENNIS DAILY

Yahoo!ニュースからのお知らせ