ここから本文です

台風5号 非常に強い勢力で北上 今後の情報に注意

8/1(火) 16:52配信

ウェザーマップ

 非常に強い台風5号が、日本の南を北西へ進んでいる。小笠原諸島では2日(水)にかけても、うねりを伴った高波に注意が必要だ。

 非常に強い台風5号は、きょう1日(火)午後3時には日本の南にあり、1時間におよそ15キロの速さで北西に進んでいる。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は65メートル。4日(金)頃にかけても、非常に強い勢力を維持する見込み。

◆小笠原は引き続き高波警戒

 小笠原諸島では、うねりを伴い2日にかけてしけが続く。予想される波の高さは2日にかけて5メートル。その後もしばらくの間、しけが続く予想となっているため高波に注意が必要だ。南西諸島から北日本にかけての太平洋側でも、今後しばらくは、うねりを伴った高波に注意が必要となる。

 台風は2日以降、日本の南をゆっくり北上する予想だが、上空の風が弱いため進路がまだ定まっていない。ただし、6日(日)の午後には西日本の太平洋側から沖縄にかけての、いずれかの地域に接近するおそれがある。今後も、最新の台風情報に注意が必要だ。

最終更新:8/1(火) 16:52
ウェザーマップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ