ここから本文です

【インタビュー】世界を席巻するThe xxのメンバーが語る音楽とファッション

8/1(火) 22:35配信

Fashionsnap.com

 今、音楽界のみならずファッション界からも熱視線が注がれている「ザ・エックス・エックス(The xx)」。ロミー・マドリー・クロフト(vo/g)、オリヴァー・シム(vo/b)、ジェイミー・スミス(key)によるイギリス出身のスリーピースバンドだ。前作から4年4ヶ月の歳月を得て、3作目となるアルバム「I See You」を今年1月にリリース。前2作品とはテイストの異なるアップチューンのファーストシングル「On Hold」をはじめ、カルバン・クライン(Calvin Klein)のラフ・シモンズ(Raf Simons)がミュージックビデオに参画したことも話題となった「I Dare You」など、2017年上半期のヒットチャートを賑わせた。今回、バンドは3度目の出演となるフジロック参戦のため来日。盛況を博したフェス初日のステージから遡ること24時間前、メンバーの姿は東京・原宿にあった。

【動画】ラフ・シモンズとコラボしたミュージックビデオ「I Dare You」

 今回の来日はフェスだけではなく、日本を代表するセレクトショップ「ビームス(BEAMS)」とコラボレーションしたアイテムの販売も控えていた。発売日となった7月27日には、メンバーがビームス原宿店に来店し、商品を購入した先着100人を対象にサイン会を開催。メンバーの希望から実現したという2時間以上におよぶファンとの交流の後、紅一点のロミーがインタビューに応じ、コラボをはじめ、最新作やラフ・シモンズとコラボしたミュージックビデオ、プライベートのファッションについて語ってくれた。

ワードローブはほとんど黒

FASHIONSNAP(以下、F):ビームスとのコラボレーションについてお聞きします。どういった経緯でコラボが実現したのですか?

ロミー・マドリー・クロフト(以下、ロミー):前に日本に来た時にビームスのお店に行ったんです。その時に刺繍の入ったヘリテージのアイテムを買いました。その時にブランドが私たちとコラボレーションしたがっているという話を聞き、プロジェクトが進んでいきました。コラボのオファーはよく来るのですが、あまり実現には至らないことが多いんです。でも今回、日本のローカルの企画でバンドのファンたちとコネクションを持ちたいと思い、若い人たちから人気のあるビームスとコラボすることになりました。

F:ビームスは前から知っていたんですね。

ロミー:昨年、日本に来る少し前でしょうか。私の好きなテイストの服もあってクールなブランドというイメージを持っていました。ロンドンでも何回か見かけました。今回のコラボアイテムは普段のツアーグッズと違って、ストリートっぽい要素も含まれているので個人的にも気に入っています。さっきも友達と家族のお土産にサコッシュを持って帰りたいと話してたところなんです。

F: 音楽だけではなくファッションのこだわりも感じるのですが、普段はどんな服やブランドが好きですか?

ロミー:私は刺繍が好きなので、最近では「グッチ(GUCCI)」が特に好きでよく着ます。グッチはこれまで以上にカラフルでフラワープリントが多いですが、私のワードローブはほとんど黒で占められています(笑)。なので選ぶものは黒地にポイントとして刺繍が施されているものが多いですね。ロックンロールやカウガールのようなスタイルが好きなので、エディ・スリマン(Hedi Slimmane)時代の「サン ローラン(SAINT LAURENT)」も好んで着ています。

1/3ページ

最終更新:8/1(火) 22:35
Fashionsnap.com