ここから本文です

ヤマハのネットワークプレーヤーNP-S303、5万円を切って登場

8/1(火) 18:01配信

Stereo Sound ONLINE

専用アプリ「MusicCAST CONTROLLER」でサクサク使える

 ヤマハから、フルサイズのネットワークプレーヤー「NP-S303」が8月下旬に発売される。価格は4万9000円(税別)。

ブラックモデルの画像を確認

 NP-S303は、先日発表されたR-N803の兄弟モデルとも言える製品で、アンプを省き、ネットワークプレーヤー機能に特化しているのが特徴。同社のコンポーネント機器と組合せられるフルサイズ(幅435mm)のプレーヤーが欲しい、という市場からの要望に応えたモデルとなる。

 価格的には、ミドル/エントリークラスの製品となるが、上位モデルと同じように、デジタル・アナログの回路を分離させることで相互の干渉(ノイズなど)を抑制する内部レイアウト、高音質パーツの採用など、高音質を実現するための手法は数多く取り入れられている。DACチップはTI製を搭載し、フォーマットはPCMでは192kHz/24bit、DSDは5.6MHz(ネイティブ再生)まで対応する。

 ネットワーク機能としてはSpotifyから直接受信できる「Spotify Connect」、インターネットラジオ配信のrajiko.jpといった人気のストリーミングサービスに対応するほか、本体端子に直接挿したUSBメモリーからの音楽再生も行なえる。スマホなどに収録してある楽曲をBluetooth接続で再生することも可能だ(対応コーデックはSBC、AAC)。

 また、ヤマハオリジナルのWi-Fi音楽再生機能「MusicCAST」にも対応し、専用アプリ「MusicCAST CONTROLLER」を使って、グラフィックな画面を見ながらの手元操作で、各種コンテンツの再生も行なえるようになる。なお、Wi-Fi(2.4GHz)機能も内蔵しているので、自宅に無線環境が整っていれば、ネットワークへの接続(構築)も簡単にできる。

 接続端子は、アナログ音声出力1系統(RCA)、デジタル音声出力2系統(光、同軸)を装備する。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:8/2(水) 10:11
Stereo Sound ONLINE