ここから本文です

ホークス上林逆転3ラン 高卒4年目初の10号

8/1(火) 6:02配信

西日本スポーツ

 伸び盛りの背番号51が工藤ホークスを3年連続貯金30に導いた。2回までに3点をリードされながら3回に一挙5得点。上林誠知外野手が逆転10号3ランを放ち、21歳最後の日に高卒4年目で初の2桁アーチを達成した。東京ドームで開催の「鷹の祭典」は2年ぶりに白星。7月を4連勝で締めくくり、首位楽天に10日以来のマイナス0・5ゲーム差と肉薄だ。さあ、熱い8月がやってきた!

【写真】ホークスジュニアの新監督として選手を選考する新垣渚さん

 ■昨季まで通算2発

 2桁到達にふさわしい値千金の一発を、鋭く右翼席に突き刺した。2点差に迫った3回。なお1死一、二塁の好機で、上林が追い込まれながら吉田の142キロを捉えた。ライナー性の打球は、あっという間に右翼席に着弾。4万6000人を超す大観衆をドッと沸かせた10号逆転3ランがチームの4連勝に直結した。

 「三振もよぎりましたけど、何とかついていけた。最近打てずに泣きそうになっていたけど、打ててよかった。『有終の美』を飾れましたね」

 よほどうれしかったのか、普段はシャイで冷静な男の口が明るく弾んだ。この日は21歳最後の日。昨季までの3年間で計2本塁打だったが、初の10号弾で22歳を“前祝い”した。レギュラー定着1年目。シーズンも後半、そして夏場に入った。体重は開幕前より約4キロ減り84キロ台。「当然疲れはある」。蓄積疲労からか最近は不振に陥っていたが、まさに21歳の「有終の美」を飾る一発となった。

 「でも、疲れなんか言い訳にはできない」。そう再確認させてくれた後輩らへの“前祝い”弾にもなった。高校野球の宮城大会では母校の仙台育英が再試合の準決勝を制して決勝進出。前日30日に延長15回を戦い抜き、3連戦で甲子園を懸けた戦いに臨む後輩らにも思いを届けた形だ。

 ■7試合ぶりの安打

 7月19日の西武戦での安打を最後に自身出場6試合で無安打が続いていたが、この一発を今シーズンだけでなく、野球人生を通しての「起点」にもする。31日に、東京五輪などに向けた日本代表の監督に稲葉氏が就任。「お話をさせてもらったこともある方だし、一緒にやってみたい気持ちはある。選ばれるように頑張る」。日の丸を背負い世界と戦うためにも、まだまだ快音を重ねていく。

 自主トレをともにする師匠の内川には、左手親指骨折が判明した25日の夜に仙台で食事に誘われ「結果は見ているから、俺の分まで頑張ってくれ」と言葉をもらった。その思いに応える上林の一発で勢いに乗った打線は先発全員安打の4連勝で、貯金は30。再びマイナス0・5ゲーム差に肉薄した楽天から、8月突入と同時に首位の座を奪う。

西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 19:40