ここから本文です

数十年に1度咲く花・リュウゼツラン開花 長南町

8/1(火) 10:05配信

千葉日報オンライン

 千葉県長南町小沢の渡辺稔夫さん(80)方で、数十年に1度花を咲かせる南米原産のリュウゼツランが開花し、近所の話題になっている。

 渡辺さんは工務店に勤務していた約50年前、町内の旧豊栄小学校で行われたグラウンド改修工事に参加。工事に伴い伐採したリュウゼツランの苗木を譲り受けたという。約30センチの苗木を自宅の庭先に移し植えて、妻のとし江さん(73)と育ててきた。

 リュウゼツランは高さ2~3メートルほどだったというが、6月に入り株の中央から花茎が伸び始め7月になり花が咲いたという。渡辺さんは「珍しい花なのでみなさんに見てもらいたいです」と話している。