ここから本文です

アントファガスタと丸紅、アントコヤ鉱山 電気銅年8万トン超生産

8/1(火) 11:30配信

日刊産業新聞

 【チリ・アントファガスタ28日=松尾聡子】チリ産銅大手アントファガスタと丸紅は28日、両社共同出資のアントコヤ銅鉱山(チリ第2州)で開山式を行った。ミチェル・バチェレ同国大統領を筆頭に政府関係者、現地鉱業関係者、アントコヤの従業員など約230人が列席し、チリで今年実質唯一とも言われる開山式典を盛大に祝った。同鉱山は2016年にフル操業に達し、SX―EW法(溶媒抽出―電解採取法)で酸化鉱から年8万トン超の電気銅を生産する。

最終更新:8/1(火) 11:30
日刊産業新聞