ここから本文です

サワラに鮭に米沢牛! この夏必食の駅弁3選

8/1(火) 20:01配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。
8月 1日(火)の放送では旅行ジャーナリストの小林しのぶさんに、この時期オススメの今食べるべき駅弁を教わりました。

小林さんは30年以上も全国各地の駅弁を食べ歩き、これまで食べた総数はなんと6000個以上! 今も月に100個以上は駅弁を食べ、旅に出たときには1日5個はあたりまえ。「1日最高26個食べたこともあります」と笑顔で話す小林さんに、たかみな驚愕。ちなみに、そのときは仕事でどれだけ駅弁を食べられるかという企画を行なっていたそうです。

そんな小林さんが紹介する、今食べるべき駅弁。ひとつめは大分県・大分駅の「なごり雪」。
これはちらし寿司の上に、豊後水道に揉まれて身のしまったサワラの西京焼が3切れも乗った贅沢な逸品で、大分に行かないと食べられないとか。小林さんは「このために大分に行ってもいい」と豪語するほど、食べる価値ありのお弁当です。

また、今回は駅弁に加えて、各地の観光スポットも紹介。大分には観光スポットがたくさんありますが、ぜひこのお弁当を持って行ってほしい場所としては、由布岳や久住高原。さらには、近くに湯布院もあるので温泉巡りもオススメとのことでした。

続いてふたつめの駅弁は、新潟県・新潟駅などで販売している「焼漬鮭ほぐし弁当」。

こちらは東京駅や上野駅、大宮駅などでも売っているそうで、この日はスタジオにお弁当が! 小林さん曰く、東京駅では並ばないと買えないぐらいの大人気商品なんですが、番組スタッフが頑張って用意してくれました。

このお弁当の魅力はなんといっても焼漬鮭。新潟県の郷土料理でもある焼漬鮭は、焼いた鮭を熱々のうちに出汁醤油に漬けたもので、ご飯のお供にピッタリ。ふたを開けたたかみなは開口一番、「鮭がものすごくモリモリ!」と驚きつつ、一口食べると「おいしい~、最高!」と大喜び。

1/2ページ

最終更新:8/1(火) 21:07
TOKYO FM+