ここから本文です

[移籍]マティッチ、59億円でマンU加入 モウリーニョも「あらゆる要素を持った選手」と歓迎

8/1(火) 14:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ポグバの負担も軽減へ

イングランドのマンチェスター・ユナイテッドが31日、チェルシーからセルビア代表MFネマニャ・マティッチを獲得することで合意に達したと発表した。移籍金は約59億円。3年契約を結び、1年の延長オプションが付けられている。

現在28歳のマティッチは2009年よりチェルシーへ加入するも、当初は出場機会を得られず、オランダのフィテッセへのローンやベンフィカ(完全移籍)などを経て、2014年1月にチェルシーへ復帰。その後は中盤エリアにおける守備の要として、セスク・ファブレガスやエンゴロ・カンテと強力なコンビを形成していた。

チェルシーを指揮していた時代から同選手を高く評価してきた現ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も、優秀なハードワーカーの加入を次のように喜んでいる。

「マティッチは、フットボーラーとして必要なチームへの忠誠心や安定した仕事ぶり、そして貪欲な姿勢など、あらゆる要素を兼ね備えた選手だ。ユナイテッドというクラブを新天地に選んでくれてとても嬉しいし、感謝してるよ。彼の希望がなければ、今回の契約は困難だっただろう。我々のクラブは必ずやマティッチを歓迎する。新しい31番をね」

中盤で守備に奔走できる同選手の到着は、同じくセントラルミッドフィルダーのポール・ポグバにとっても素晴らしくポジティブな効果をもたらすだろう。攻守にバランスが優れ、各ポジションにスーパーなタレントを擁する“モウリーニョの2年目”。最高のエンディングを期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp