ここから本文です

監督がサンチェスの残留を明言「我々とともにシーズンをスタートする」

8/1(火) 14:37配信

theWORLD(ザ・ワールド)

移籍が噂されていたレナト・サンチェス

レナト・サンチェスはEURO2016でポルトガル代表の優勝に大きく貢献し、16-17シーズンよりバイエルン・ミュンヘンに活躍の場を移した。

ポルトガル代表の19歳には多くの期待が集まっていたが、予想を超える活躍はできずリーグ戦では17試合の出場に留まっている。試合に出場して経験を積みたい同選手には移籍の噂が絶えず、今夏中にクラブを離れるのではないかと推測されていた。しかし、バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は同選手がバイエルンに残ること明言している。同監督のコメントを英『Evening Standard.』が伝えた。

「レナトのニュースはない。彼は我々とともにシーズンをスタートする。移籍市場が閉まる8月31日もここにいるよ。彼のラストゲームはとても良かった」

バイエルンでスタメンを争うパフォーマンスができていない同選手だが、新シーズンもこのクラブでの挑戦を続けるようだ。バイエルンはこれから1日、2日と2日間にかけて行なわれるアウディカップに参加する。親善試合だが、R・サンチェスにとってはアピールする素晴らしい機会だ。3週間後に控えるブンデスリーガ開幕までに、アンチェロッティ監督のファーストチョイスとなれるよう思う存分アピールしていきたい。

https://www.theworldmagazine.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ