ここから本文です

メッシも熱望か バルサが20歳の天才ドリブラー確保に動く

8/1(火) 17:03配信

theWORLD(ザ・ワールド)

若き至宝の引き抜きへ

王様による“お墨付き”を携え、バルセロナはドルトムントの技巧派ドリブラー獲得を目指している。

数日以内にアナウンスされるとも報じられるブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン行きが正式に決まれば、次はバルセロナ側が“爆買い”を実行する番だ。リヴァプールのコウチーニョやチェルシーのエデン・アザール、そしてアトレティコ・マドリードのアントワーヌ・グリーズマンなど、様々なスーパースターの名がその後釜候補として取り沙汰されているが、中でもチームの“絶対的シンボル”であるリオネル・メッシの後押しを得たのは、ドルトムントで活躍するウスマン・デンベレとのサインだという。スペイン『Diario Gol』が報じた。

曰く、ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラも依然としてメッシの“お気に入り”プレイヤーだが、バルサはネイマール騒動が勃発する以前からデンベレの引き抜きを画策しており、今回の件に関わらず獲得のチャンスを伺っていたという。昨夏にフランスのレンヌよりドルトムントへ加入したばかりのデンベレは、初年度から圧巻のパフォーマンスを披露し、そのドリブルテクニックは特筆に値する。もちろん彼が現時点でネイマールのもたらすクオリティーを保証するには至らないだろうが、20歳という年齢を考慮すれば、そのポテンシャルは計り知れない。

デンベレサイドとは数ヶ月にもわたって接触を続けてきたというバルサ。果たしてこの夏、トリッキーなドリブラーを手中に収めることはできるだろうか。彼らの動向に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ