ここから本文です

国政で「都民ファースト」と連携示唆

8/1(火) 11:21配信

ホウドウキョク

民進党の代表選に出馬する意向の前原元外相を支援する渡辺周元防衛副大臣は、BSフジの「PRIME NEWS」に出演し、次の衆議院選挙で「都民ファーストの会」が国政に進出した場合は、連携を模索する可能性を示唆した。
渡辺氏は、「野党第1党の党首 = 総理大臣候補ということと、当然、それを支える執行部は他党との、例えば都民ファーストが国政ファーストになった場合、どうするのか」、「連携というものを含めて考えないといけない」と述べ、都民ファーストが国政に進出した場合に連携を模索する可能性を示唆した。
また、長妻元厚労相は番組内で、すでに出馬を表明している枝野前幹事長を支持する意向を示したうえで、「政策の蓄積、経験、失敗含めて、全面的に力を発揮できる人が必要だ」と強調した。
一方、出馬が取りざたされる玉木幹事長代理については、周辺が「今週中には(出馬の可否を)判断したい」と話している。
民進党は、1日の常任幹事会で代表選について、21日告示、9月1日投開票の日程を確認する方針。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/1(火) 11:21
ホウドウキョク