ここから本文です

非常に強い台風5号、沖縄・大東島地方に4日接近の恐れ

8/1(火) 21:05配信

沖縄タイムス

 非常に強い台風5号は1日午後、日本の南にあって時速15キロで北西へ進んでいる。今後、勢力を維持したまま北上し、4日には沖縄県の大東島地方に接近する恐れがある。また5日以降、九州や南西諸島に近づく恐れもある。 

【台風5号】気象庁の進路予想図

 1日午後3時現在の中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心から半径280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風の接近に伴い沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴い波が高くなっている。海上や海岸付近ではうねりを伴った高波に注意が必要。2日から3日にかけて大東島地方でしける見込みで、台風の進路によっては4日以降、大東島地方と沖縄本島地方で大しけや大荒れの天気となる恐れがある。

最終更新:8/1(火) 21:45
沖縄タイムス