ここから本文です

インディ500予選で負傷したブルデーがテストを実施。最終戦前に復帰の可能性も

8/1(火) 9:31配信

オートスポーツweb

 インディ500予選のクラッシュにより負傷したセバスチャン・ブルデーが、31日にミド・オハイオでテストを実施。医療経過の評価のために、10週間ぶりにインディカーをドライブした。

 5月末のインディ500予選中に激しいクラッシュを喫したデイル・コイン・レーシングのブルデー。骨盤などを骨折し長期離脱を強いられている。手術を終えてから医師も驚くほどの回復ぶりを見せ、まだレースへの復帰には至っていないが、クラッシュから72日ぶりにインディカー・マシンをテストした。

 医療経過の確認のため、ミド・オハイオ・スポーツカーコースを80周走行。事故の影響も感じさせずレースとほぼ同じ距離を走破した。

「クルマに戻って何も変わらないと感じられたことは素晴らしいね。2カ月半が過ぎ、クルマに戻り、シートに座っていい気分だし、非常にポジティブだった」とブルデー。


 シートベルトの拘束やロードコースでの加速Gの負荷がどのように怪我をした腰や骨盤に影響があるかに注目したようだ。しかし、懸念したのはリハビリを続ける怪我をした下半身ではなく、ピークの運動ができない頸部の筋肉だったようだ。

「まだ挑戦できていないことのひとつは首の部分だよ。ウエイトリフトをすべてしたけど、クルマの外にいるときに首は難しい。もし明日もドライブするなら、大丈夫だと思っている。でも初日は首にショックが来るものさ」

 テストの途中ではコースオフしフロントウィングを損傷させたが、ブルデーはデイル・コインのルーキーふたりを助ける貴重なフィードバックをチームにもたらしたようで、ブルデーのテストを見ながら、オーナーのデイル・コインも笑みを浮かべていた。

 コインは、ブルデーが最終戦のソノマでレース復帰することは確実だと語っている。その前のポコノ・レースウェイやゲートウェイでのオーバルレースはエド・ジョーンズとエステバン・グティエレスを起用し、ワトキンスグレンでのロードレースでブルデーを走らせるかどうかを考えているようだ。

[オートスポーツweb ]