ここから本文です

マグヌッセン「あのコーナーは僕に優先権があった。ペナルティは理解に苦しむ」 ハースF1ハンガリー

8/1(火) 16:31配信

オートスポーツweb

 2017年F1ハンガリーGP決勝で、ハースのケビン・マグヌッセンは13位、ロマン・グロージャンはリタイアを喫した。 

F1第11戦ハンガリーGP決勝:ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンのバトル

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=リタイア
 率直なところ、レースに関して語るべきことはあまりない。まず、スタート後の第1コーナーでヒットされたことで、僕のレースは台無しになった。そしてタイヤがパンクし、交換したホイールが緩んでしまったために、リスクを避けてクルマを止めるしかなかった。

 タフな週末を過ごした後は、本当ならすぐにまた次のレースに集中して、あきらめずに挑戦を続けたいところだけどね。休暇を取るのは、みんなにとって良いことだろう。ただ、僕らはこういう週末を繰り返さないために、今後何ができるかを考える必要がある。

ケビン・マグヌッセン 決勝=13位
 あのペナルティは理解に苦しむ。彼(ニコ・ヒュルケンベルグ)がターン1でロマン(・グロージャン)の横っ腹をヒットして、事実上彼のレースを終わらせてしまったことに対しては、何のペナルティもなかったのだから。

 僕は彼に接触すらしていない。あのコーナーでは僕に優先権があり、彼には一歩引くという選択肢もあった。僕がインサイドにいて、僕らはサイド・バイ・サイドになっていた。どちらかと言えば、僕の方が少し前に出ていたはずだ。

 僕は自分のラインを選んだだけで、レーシングラインを外れて彼を押し出したわけじゃない。僕らはふたりともブレーキングが深かったから、ワイドになって出口がキツくなるのは仕方のないことだ。彼はアウトサイドを選ぶことで、自分を危険な位置に置いたんだ。

 この週末、僕らにとって明るい面はあまり多くなかった。あらゆる意味合いにおいてタフな週末だったよ。次はもっといい週末になるはずだ。

[オートスポーツweb ]