ここから本文です

エクササイズで「やせまっ市」 野々市のスポーツクラブが動画公開

8/1(火) 0:58配信

北國新聞社

 スポーツクラブヴィテン(金沢市)は、野々市市民に運動を習慣づけ、健康づくりを後押しする事業に乗り出した。「やせまっ市!野々市」と銘打ち、1日に簡単なエクササイズを紹介する動画をインターネット上で紹介する。市の協力を得て市特産ヤーコンの畑や商業施設などで撮影し、市民らが出演した。家庭や職場での運動を促し、健康への意識を高める。

 公開する動画は10種類で、足腰を鍛えるエクササイズや、肩凝り防止のため肩甲骨をほぐすストレッチなどを紹介し、それぞれ20~30秒程度となる。大型会員制量販店などに協力を依頼し、撮影は全て市内で行った。市コミュニティーバス「のっティ」の運転手や撮影した店舗のスタッフ、ヤーコンを栽培する農家、保育園児らが体を動かす内容となっている。

 野々市市の調査によると、同市のメタボリック症候群の人口比率は、男性27・6%、女性9・9%となっている。同規模の市の平均は男性25・1%、女性9・7%で、野々市市の方が比率が高い。ヴィテンは、メタボ対策や病気予防のため、楽しく運動し、健康への関心を深めてほしいと企画した。

 動画は「やせまっ市!野々市」特設サイトや、ヴィテンのホームページで公開する。今後も動画の種類を増やすなど取り組みを広げる方針で、担当者は「メタボや肥満解消のため、動画を運動するきっかけにしてほしい」と期待を込めた。

北國新聞社

最終更新:8/1(火) 0:58
北國新聞社