ここから本文です

エヴァートン、今夏の補強はまだ終わらず…3つの補強ポイントとは

8/1(火) 15:17配信

SOCCER KING

 エヴァートンの指揮官を務めるロナルド・クーマン監督がチームのさらなる補強を検討しているようだ。31日付でイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

●エヴァートン、12人目の補強を狙う…ウェストハムのリードが標的か

 今夏の移籍市場で積極的な補強を行っているエヴァートン。しかし、来シーズンこそトップ4入りを果たし、チャンピオンズリーグ(CL)出場を狙うクーマン監督にとってまだ補強は不十分だと感じているようだ。

 報道によると、クーマン監督はベルギー代表FWロメル・ルカクが抜けたセンターフォワード、現主力のウェールズ代表DFアシュリー・ウィリアムズとイングランド代表DFフィル・ジャギエルカがともに30代半ばへと差し掛かるセンターバック、そしてイングランド代表MFロス・バークリーの退団が濃厚と言われるトップ下の3ポジションに即戦力を加えたいと考えているようだ。

 センターフォワードはアーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーとクリスタル・パレスのベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケをリストアップ。センターバックはすでに若手有望株のイングランド代表DFマイケル・キーンを獲得。さらにウェストハムのニュージーランド代表DFウィンストン・リードの獲得を目論んでいる模様。

 これまで幾度となく報じられてきたスウォンジーのアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンがトップ下の最優先目標とされるが、クーマン監督はこれに関して、「5000万ポンド(約72億円)での獲得で合意した」とコメント。これにより、長きに渡った獲得交渉は終了したと同紙は伝えた。

 すべての移籍が実現することとなると、エヴァートンが今夏補強に費やした資金は2億ポンド(約290億円)をゆうに超えるようだ。来シーズン、どのような快進撃を見せるか注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:8/1(火) 15:17
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報