ここから本文です

監督交代から2日…浦和がブラジル人DFマウリシオ・アントニオを緊急補強

8/1(火) 17:29配信

ゲキサカ

 浦和レッズは1日、ポルトガル1部マリティモに所属するブラジル人DFマウリシオ・アントニオ(25)の加入内定を発表した。

 チームはリーグワースト2位タイの36失点と守備に課題を抱え、立て直しが急務となっていた。浦和は7月30日のペトロヴィッチ監督の解任劇からわずか2日で緊急補強を実行。堀孝史新監督体制で再始動する浦和の救世主となる働きが期待される。

 同選手は母国ブラジルのクラブを転籍後、14年よりポルトガルでプレー。16年よりプレーするマリティモではレギュラーとして活躍。7月28日に敵地で行ったボテフ・プロブリフ(ブルガリア)にもフル出場していた。『transfermarkt.com』によると、市場価値は175万ユーロ(約2億2800万円)。

 クラブを通じて、「このたびは、日本のトップクラブである浦和レッズのユニフォームを着られることになり、大変名誉なことだと思っています。チームのために全力で戦い、自分のベストを尽くすことを約束します。本来の浦和レッズにふさわしいJリーグでのポジションをいち早く取り戻し、多くのタイトルに貢献することが、私の目標です。テレビで浦和レッズの中継を見るたびに、世界でもトップクラスのファン・サポーターがいて、その魅力と迫力に圧倒されます。そして私が、そんな美しいビッククラブの一員として戦うことをとても光栄だと思いますし、うれしく思っています」とコメントを発表した。

 以下、クラブ発表のプロフィール

●DFマウリシオ アントニオ
(Mauricio de Carvalho Antonio)
■国籍
ブラジル
■生年月日
1992年2月6日生まれ(25歳)
■身長/体重
183cm/82kg
■所属チーム歴
グレミオ・オザスコ・アウダックス-ECペロタス-CAペナポレンセ-CAジュベントス-ポルティモネンセSC(ポルトガル)-FCポルトB(ポルトガル)-CSマリティモ(ポルトガル)

最終更新:8/1(火) 17:48
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ