ここから本文です

米政府、ベネズエラのマドゥロ大統領に制裁-制憲議会選の強行で

8/1(火) 7:18配信

Bloomberg

米トランプ政権は31日、ベネズエラのマドゥロ大統領個人に対する制裁を発表した。大統領とベネズエラ政府が同国の民主主義を損なっているとした。

ベネズエラで憲法改正に向けた制憲議会選挙が30日に実施されたことを受け、米財務省が制裁に動いた。米国の管轄下にあるマドゥロ氏の資産を凍結するほか、同大統領との取引を禁止する。

検討されていたベネズエラ産石油の輸入禁止は今回見送られた。ムニューシン米財務長官はホワイトハウスでの記者会見で、「マドゥロ氏に制裁を科すことは、米国が同氏率いる政権に反対し、ベネズエラ国民を支持していることを明確する。われわれは状況を引き続き見守りながら、あらゆる選択肢の検討を続ける」と述べた。

マドゥロ氏を独裁者と呼んだムニューシン長官によれば、米国が国家元首に制裁を科すのは同氏が4人目。財務省の制裁対象リストには、北朝鮮の金正恩委員長とジンバブエのムガベ大統領、シリアのアサド大統領も載っている。

ベネズエラ大統領府の報道官はコメントを控えた。情報省に電話取材を試みたが返答はない。

原題:Venezuela’s President Maduro Personally Sanctioned by U.S. (2)(抜粋)

Updates with Mnuchin comments from second paragraph.

Jose Enrique Arrioja, Saleha Mohsin

最終更新:8/1(火) 7:18
Bloomberg