ここから本文です

内藤がトップタイ浮上! 後藤撃破で“C・クワナ”再提案

8/2(水) 0:01配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(1日、鹿児島アリーナ)

 真夏のシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロックの公式戦5試合が行われ、内藤哲也が後藤洋央紀に勝利。4勝2敗で勝ち点8とし、Aブロック首位タイに浮上した。後藤は3勝3敗で勝ち点6。

 持ち前のスピーディーな攻撃に加え、エプロンサイドでのネックブリーカー、雪崩式ネックブリーカーなどの荒技を交える内藤。重いラリアットなどで反撃する後藤に牛殺しを見舞われたものの、必殺技GTRは決めさせず、最後はデスティーノの連発で仕留めた。

 試合後、内藤は、過去に後藤に提案したキャラクター変更話を蒸し返し、「彼は、オレが提案した“キャプテン・クワナ”を蹴って、ケイオスに入ったんでしょ。ケイオスに入って1年半、彼は何が変わったんだろうね」と酷評。続けて、「いまだにさ、キャプテン・クワナの席は空いてるよ。滝にでも打たれながら、キャプテン・クワナへの変身を真剣に考えた方がいいんじゃないの」と、キャラクター変更を再提案。また、この勝利でA組の首位タイに立ち、「G1クライマックスも後半戦。みなさま、この夏を、G1クライマックスで、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンで、そして内藤哲也で存分に楽しんで下さい」と自信を示した。

 一方の後藤は「オレは決してあきらめない。何でか分かるか。G1のGは後藤のGだからだ」と、巻き返しへ鼻息を荒くした。