ここから本文です

エピカリスなど、レパードS厩舎情報/美浦トレセンニュース

8/2(水) 15:04配信

netkeiba.com

 日本では4戦4勝とダート路線で圧倒的な強さを誇るエピカリスほか、レパードS(GIII・新潟ダ1800m)に美浦から出走予定の注目馬について、関係者のコメント。

■エピカリス(牡3・美浦・萩原清)について、萩原調教師。
「アメリカから帰国してからも馬体を緩めずに調整していますので、引き続き良い状態を保てています。今日の追い切りの動きは良かったです。時計や併せ馬で追ったことなど、予定通りの調整ができました。馬体重を含めてこれまでのレース前と変わりない感じで来ています。仕切り直しの一戦になりますが、頑張ってほしいです」

■ハルクンノテソーロ(牡3・美浦・高木登厩舎)について、高木調教師。
「前走(ユニコーンS・GIII・2着)後はJDD(JpnI)も考えましたが、大井のタフな馬場での2000mより、馬場の軽い新潟の方がこなしてくれるのではないかと思い、このレースを選択しました。今日はジョッキーに乗ってもらってサラッとやって、感触だけ掴んでもらいました。レースでは乗りやすい馬のようですし、大野騎手が競馬を教えてきてくれて、1つ1つ課題をこなしてきました。

 1200mでもハナに行けるくらいの脚はありますが、おさえて良い競馬をしてからは脚質転換をはかってきました。前走は前半少しハミを噛んだこともあり終いが甘くなりましたので、前半の折り合いが鍵になるでしょう。コーナーが4回のコース形態を生かしておさえる競馬ができればよいですね」

■スターストラック(牡3・美浦・栗田博憲)について、栗田調教師。
「この馬なりに順調にきています。前走(檜山特別・1000万下・1着)は休み明けでしたし、古馬とは初めて対戦しましたが、よく頑張ってくれました。ここまでで3勝しているのだから大したものだと思います。現状のこの馬の力で、重賞でどこまでやれるかですね」

■ローズプリンスダム(牡3・美浦・畠山吉宏)について、畠山調教師。
「前走のJDD(JpnI・8着)では大井をこなしてくれると期待していましたが、4コーナーを回る時にちょっと厳しいなという感じでしたし、踏ん張りがききませんでしたね。どこで飛んだかわからないのですが、レース中に左前の落鉄がありました。何が敗因かははっきりしませんが、落鉄の影響はあったかもしれません。前走の反動もなく、良い意味でここまで順調に来ています。

 攻め駈けする馬ですし、今日の追い切りもまずまずの動きでした。2走前の鳳雛S(OP・1着)は出負けしてやや後ろからの競馬で勝っていますが、元々は前走のように前々で競馬をしていましたし、ゲートの出や他の馬の出方次第で、位置取りも決まると思います。1800mは2勝していますので、条件的には期待したいですし、巻き返してほしいですね」

■シゲルコング(牡3・美浦・松永康利)について、松永調教師。
「前走(JDD・10着)は流れに乗って行けましたが、4コーナーで止まってしまいました。距離が長かったのだと思います。ただそれまでは出遅れが多かったのですが、前走ではスッと行けたのは収穫でした。輸送もありますし、今日は終い重点の追い切りでした。馬也でしたが、良い動きでした。東京の1400m、1600mが1番良いとは思いますが、新潟なら1800mもこなしてくれるでしょう」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:8/2(水) 15:20
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ