ここから本文です

DAOKO歌う「打ち上げ花火」挿入歌、MVは岩井俊二が原作ロケ地で撮影

8/2(水) 4:00配信

音楽ナタリー

DAOKOが8月16日にリリースするニューシングル「打上花火」のカップリング曲「Forever Friends」のミュージックビデオが、YouTubeで公開された。

【写真】DAOKO「打上花火」通常盤ジャケット(他4枚)

シングルタイトル曲は8月18日公開のアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌となる“DAOKO×米津玄師”の楽曲。今回MVが公開された「Forever Friends」は同映画の挿入歌で、原作の実写版映画の主題歌をDAOKOがカバーしている。

原作を手がけた岩井俊二監督による今回のMVは、原作と同じく千葉県海上郡飯岡町(現:千葉県旭市)で撮影された。このMVについて岩井は「まさかForever FriendsのPVを撮りに同じロケ地にふたたびお邪魔することになるとは人生っていろんなことがあるものです。DAOKOさんを4Kで撮りながら歳月の流れを痛感しました」とコメントしている。

この曲はCDリリースに先駆け、本日8月2日より先行配信を実施中。CD初回限定盤のジャケットは映画のキャラクターデザインを手がけた渡辺明夫による描き下ろしとなっている。

岩井俊二 コメント
まさかForever FriendsのPVを撮りに同じロケ地にふたたびお邪魔することになるとは人生っていろん
なことがあるものです。
DAOKO さんを4Kで撮りながら歳月の流れを痛感しました。
かつてのドラマはKで言ったら約0.5K? 当時はそんなスペックで「北の国から」も撮られていたのです。
せめてフィルムで撮っていたら。ネガが残ってたら。
今更ながらいろんな“If”を考えてしまいました。そんなことよりDAOKO さんによってForever Friendsが
蘇ったことを祝福しないと。ありがたいです。

最終更新:8/2(水) 4:00
音楽ナタリー