ここから本文です

台風9号・10号による農業被害、11億円超に バナナが深刻/台湾

8/2(水) 15:03配信

中央社フォーカス台湾

(台北 2日 中央社)行政院(内閣)農業委員会は、先月末に立て続けに台湾を直撃した台風9号・10号による農業関連被害が、2日午前11時までで3億926万台湾元(約11億3200万円)に達したと発表した。被害は東部・宜蘭県と南部・屏東県に集中しており、作物ではバナナの被害額が5298万元(約1億9400万円)で最も大きかった。

農業委員会の統計によると、宜蘭県の被害額は1億2188万元(約4億4600万円)で最多、被害総額の39%を占める。これに続く屏東県は9282万元(約3億4000万円、30%)。以下、多い順に、南部・嘉義県2304万元(約8400万円、7%)、中部・雲林県1740万元(約6400万円、6%)、東部・花蓮県1105万元(約4000万円、4%)など。

作物では、最も深刻だったバナナに次いで、ネギ(約8100万円)、グアバ(約6400万円)などの被害が目立った。

(楊淑閔/編集:塚越西穂)