ここから本文です

(社説)小池知事1年―真に「開かれた都政」を

8/2(水) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 東京都の小池百合子知事が就任して、きょうで1年になる。
 先月の都議選では支持勢力が議会の過半数を占めた。「都民本位の都政」「都民に開かれた都政」という自らの公約の実現に向けて盤石の態勢を確立した形だが、ここまでの歩みを見ると大きな疑問と不安がある。
 知事はこの間、任命した外部顧問らとの間で重要な方針を決める手法をとってきた。
 たとえば市場移転問題だ。
 知事は6月20日、突然「築地は守る、豊洲を活(い)かす」を基本方針として発表した。その4日前に知事も出席して開かれた都の「市場のあり方戦略本部」の最終会合では、まったく議論にのぼっていなかった話だ。……本文:1,874文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社