ここから本文です

ディーン・フジオカ「“?”のように熱い作品に」『ハガレン』軍部勢揃いで暑中見舞い!

8/2(水) 12:00配信

cinemacafe.net

山田涼介が主演を務め、世界的にも注目を集める傑作コミックを実写化する『鋼の錬金術師』。12月1日の公開を待ちきれない「ハガレン」ファンのために、マスタング大佐をはじめ東方司令部の軍部メンバーが勢揃いした“暑中見舞い”が到着した。

【画像】マスタング大佐を演じるディーン・フジオカ

幼き日、大好きだった亡き母を生き返らせるため、禁断の錬金術を行ったエドとアルの兄弟。2人の錬成は失敗し、エドは左脚を、アルは身体全部を代価として“持っていかれて”しまう。瀕死のエドはとっさに自身の右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させた。右腕と左脚に鋼の義肢(オートメイル)をつけた兄・エドと、全身鎧姿の弟・アルの、すべてを取り戻すための旅が、いま始まる――。

このたび解禁されたビジュアルは、“鋼”の兄弟を支える、東方司令部の軍部メンバーが勢揃いしたファン必見の暑中お見舞いビジュアル! 主人公・エドと弟・アルの絆を見守る“?”の錬金術師マスタング大佐(ディーン・フジオカ)をはじめ、正確無比な腕前を持つ狙撃手であるから“鷹の目”という異名を持つホークアイ中尉(蓮佛美沙子)、エルリック兄弟の援護を務めるロス少尉(夏菜)、頭の回転が早く家族想いなマスタング大佐の親友ヒューズ中佐(佐藤隆太)、そして東方司令部で個性豊かなメンバーを取りまとめるハクロ将軍(小日向文世)が一堂に会し、敬礼する姿を収めている。さらに、タイトルロゴの「鋼」のロゴもちゃっかり「?」に修正!? 「鋼の錬金術師」の二つ名を持つエドにも、夏の猛暑にも負けないほどの、キャラクターたちの熱意と情熱を感じさせる豪華なビジュアルとなっている。

映画化発表当初より、主要キャラクターのビジュアルについてSNSなどでさまざまな憶測が飛び交う中、7月12日に開催した“ハガレン”ファンイベントにてその全貌が披露されると、エドやウィンリィの再現度の高さを絶賛する人はもちろん、もはやCGを感じさせないほどの高いクオリティで描かれたアルのビジュアルにファンの期待度はさらに上昇。

また、キャラクター人気投票ではエドに次いで第2位の人気を誇るマスタング大佐をはじめ、軍部のメンバーのビジュアルにも高い注目が集まっており、SNSでは「大佐かっこよすぎてヤバイ!!」「ホークアイ中尉が可愛いカッコイイ(#^.^#) 女性陣のビジュアルみんな良い!」「ヒューズさん雰囲気出ていてすごい!」といった熱いコメントが連日寄せられている。加えて、主要キャストと並び再現度の高さに注目が集まったブラックハヤテ号。解禁されたビジュアルには、可愛らしいハヤテ号の姿も東方司令部メンバーと一緒に登場している。

マスタング大佐を演じたディーン・フジオカは、「ワクワクするような冒険物語と、仲間たちの絆のドラマを描いた『ハガレン』の公開まであと4か月。マスタング大佐、ホークアイ中尉、ヒューズ中佐たち東方司令部メンバーの活躍はもちろん、夏の猛暑を、そして公開のタイミングでは、寒い冬を吹き飛ばすくらいの“?”のように熱い作品に是非ご期待下さい!」と、アツくコメント。

「ハガレン」イヤーの熱い夏は、この?の暑中見舞いから幕を開ける!

『鋼の錬金術師』は12月1日(金)より全国にて公開。

最終更新:8/2(水) 12:00
cinemacafe.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ