ここから本文です

躍進のきっかけは下着姿?泉里香、「ラ・ラ・ランド」ヒロインに下積み時代を重ねる

8/2(水) 15:20配信

映画.com

 [映画.com ニュース]映画「ラ・ラ・ランド」のブルーレイ&DVD発売を記念して、モデルの泉里香とお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔が宣伝アンバサダーに就任。8月2日に都内で行われたイベントに出席した。

「ラ・ラ・ランド」リリースイベントの模様はこちら!

 第89回アカデミー賞で最多6部門を受賞し、作品賞の誤発表も含めて話題を呼んだ本作。夢を追いかけ、米ロサンゼルスで出会った男女の姿を往年のミュージカル映画へのオマージュを込めて描く。「セッション」のデイミアン・チャゼル監督がメガホンをとり、「ブレードランナー 2049」(10月27日公開)が控えるライアン・ゴズリングと「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのエマ・ストーンが共演した。

 ストーンが演じるヒロインのミアを意識した黄色いワンピースで登場した泉は、アルバイトで生計を立てながら女優の夢を追いかけるミアと重なる部分が数多くあったという。「私も、モデルを始めたころは居酒屋でアルバイトをしてました」と明かし、映画の中のミアと同様に「『オーディションに行くので○時に抜けさせてください』ということもありました」と振り返る。劇中、ミアは自作の1人芝居を発表するが、この点についても泉は「私も自分の本を出して、そこで下着姿になり、それがきっかけで水着のお話をいただいたので、重なります。自分で何かを作るって大事だなと思いました」と語る。

 一方、「セブを演じたライアン・ゴズリング役の村本です」とゴズリングになりきって登場した村本。本作を「今年ナンバーワンというか、今まで見てきた恋愛映画でナンバーワン! 4回見ましたが、人生を変えられた」と語り、今回のアンバサダー就任についても「僕らの仕事は好きでもないものを食べて『おいしい』とか言うことですけど、初めて好きなことを仕事にしています!」とノリノリ。過去に“ミア”という名の女性と交際していたこともあったそうで「下積み時代を支えてくれて、引っ越したら家電が送られてきて『お笑いに集中しなさい』と交通費やジュースもおごってくれた」と明かすが「1つ違うのが結婚願望が強くて、別れることになったら手紙が届いて『○月○日電車代、ジュース代、結婚しなかった補償代金……』とあって(苦笑)。最悪の結末でした」と笑いを誘った。

 村本は本作を見て「世界に発信をしたい」という思いに駆られたそうで「英語の勉強を始めました」と明かす。短期の語学留学も視野に入れているそうで「エマ・ストーンの出身地のアリゾナ州のスコッツデールに行きたい」「英語でスタンダップコメディをやりたい」と普段の毒舌キャラを捨てて、熱く夢を語っていた。

 「ラ・ラ・ランド」ブルーレイ&DVDは、発売中。

最終更新:8/2(水) 15:35
映画.com