ここから本文です

ロメロ延長12回サヨナラ弾 オリックスの頼れる助っ人が5時間超試合に終止符

8/2(水) 6:04配信

デイリースポーツ

 「オリックス5-4ソフトバンク」(1日、京セラドーム大阪)

 延長十二回。試合時間は5時間を超えていた。このまま引き分けかと思われた1死からオリックスのステフェン・ロメロ外野手(28)が登場。4番はサファテの初球カーブを振り抜き、左中間スタンドに運ぶ19号サヨナラ弾にしてみせた。

【写真】川栄李奈、始球式もオリックスの選手は「知らないので勉強します」

 「自分で決めようと思っていた。サヨナラはサイコーだね」

 福良監督は「やっぱり決めてくれましたね。ロメロさまさまです」と絶賛した。今季2本目の劇弾は3度目のサヨナラ打。誰もが救われた一発だった。

 3点リードの九回に平野の代役で守護神を務める黒木が4安打を浴び、同点に追いつかれる。打線は13四死球にバッテリーエラーをいくつももらいながら19残塁と拙攻を繰り返した。

 それでも勝てた。指揮官は「大きいと思います」と言った。これをつなげたい。