ここから本文です

【ミャンマー】京王電鉄が合弁、20年にホテル

8/2(水) 11:30配信

NNA

 京王電鉄(東京都多摩市)は1日、ミャンマーの旅行会社と現地に合弁会社を設立し、ホテルとサービスアパート事業を展開すると発表した。今後、ミャンマー投資委員会(MIC)の投資認可を取得し、2020年度の開業を目指す。
 同日の取締役会で決議した。都市型ホテルと高級サービスアパートメントで計400室規模の客室とレストラン、プールなどを備え、日本品質の設備とサービスを提供する。
 来年4月に最大都市ヤンゴンに合弁会社「京王アドベンチャー・ミャンマー」を設立する予定。資本金は1億6,286万米ドル(約180億円)で、京王電鉄が65%、現地側はアドベンチャー・ミャンマー・ツアーズ&インセンティブスが35%を出資する。

最終更新:8/2(水) 11:30
NNA