ここから本文です

車内アナウンスはスマホで確認…JR東海とヤマハ、東海道新幹線で実証実験

8/2(水) 15:31配信

レスポンス

JR東海とヤマハの2社は8月2日、ヤマハの「おもてなしガイド」を活用した多言語案内の実証実験を東海道新幹線の列車内で行うと発表した。乗客が手持ちのスマートフォンで、車内放送の内容を確認できるようにする。

[関連写真]

「おもてなしガイド」は、ヤマハが開発したスマホ向けアプリ。流れてくるアナウンスをスマホのマイクで拾うと、その内容を複数の言語に翻訳して文字で表示する。JR東海は2016年8月から、「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証実験を東海道新幹線の駅構内で行っている。

今回の実証実験は8月3日以降に開始し、2018年2月頃まで行う予定。自動放送による実験はN700系電車の2編成、車掌の肉声放送を対象にした実験は一部の列車内で行い、7カ国8言語で表示する。

2社は今回の実証実験で、高速走行中の列車内におけるシステムの安定性など、技術的な課題を確認する方針だ。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:8/2(水) 15:31
レスポンス