ここから本文です

酷暑確実の東京五輪 室伏氏は競技日程は「選手第一」強調

8/2(水) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 やはりこの国で夏場の五輪など無理を通り越して無謀だ。

 1日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の室伏広治スポーツ局長が、19年春をメドに競技日程を固める方針を明らかにした。

 東京五輪最大の懸念材料は、言うまでもなく「暑さ」だ。毎日新聞は7月29日夕刊の紙面で「酷暑五輪『危険』レベル」という記事を掲載。専門家や研究機関の調査などを紹介し、真夏の東京五輪の危険性を説いていた。

 酷暑の負担が最も大きいマラソンは、開催時間を当初予定していた午前7時半から繰り上げる要望も出ているという。東京の日最高気温の平均(気象庁調べ)は今年7月が31.8度、昨年8月は31.6度だった。マラソンでなくとも、この時期の屋外競技は死活問題だ。

「朝や夜の方が涼しいし、アスリートファーストの視点を忘れないで時間設定も配慮する必要がある」とは室伏局長。死者を出したくなければ、深夜から早朝にかけて競技を行うしかない。