ここから本文です

ZMP、自動運転技術開発用ロボットカーを発売…1/10スケール

8/2(水) 16:37配信

レスポンス

ZMPは8月1日、自動駐車や障害物回避など自動運転技術の開発において、シミュレーションと実機で比較できる1/10スケールのロボットカーの販売を開始した。

このロボットカーは、実車の1/10スケールの自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar 1/10 2016」と、 MATLAB/Simulink に対応した最新ソフトウェア「RoboCar 1/10 MATLAB コネクション 2017」で構成される。

例えば、自動駐車や車線変更、障害物回避などの自動運転の研究開発の場合、目標の位置と向きに従って、最もハンドル操作がスムーズかつ横Gの少ない経路を算出。車両二輪モデルを用いて、MATLAB/Simulink により操舵角の推定を行う。

この操舵角に基づいて、MATLAB/Simulink 上でのシミュレーションを行うことができ、計画した経路とシミュレーション結果との比較や、その差異に基づく経路制御が可能となる。

ZMPは、「同じMATLAB/Simulink プログラムにより、 RoboCar 1/10 の実機の動作が可能なため、シミュレーションおよび実環境でのセンサデータを用いた実験を効率的に行うことができる」と説明している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8/2(水) 16:37
レスポンス