ここから本文です

「アラジンのプリンセスみたい」 黒柳徹子、45年前の大胆ファッションにファン興奮

8/2(水) 11:42配信

ねとらぼ

 女優の黒柳徹子さんが8月1日、ニューヨークに住んでいた約45年前の写真をInstagramで公開。当時流行していたという、大胆なファッションに身を包んだ新鮮な姿を披露しています。めちゃくちゃかわいい!

【「オードリー・ヘプバーンみたい」と話題になった20代前半の徹子さん】

 「今、見るとかなりの露出ね!」と驚きのコメントを添えて、ニューヨークの演劇学校に通っていたという38歳のころの写真を公開した徹子さん。小さいながらもトレードマークのたまねぎヘアは健在で、鮮やかなピンク色のパンタロンにチューブトップを合わせたセクシーなファッションを着こなし、現在のイメージとは違ったニューヨーカーな徹子さんがお披露目されています。若々しすぎて20代前半に見える。

 それまで実家暮らしで家事経験が一切なかったという徹子さんは、人生と演技の勉強のために一念発起して単身ニューヨークへ。「一人暮らしの、何もかもが、始めての経験で、毎日が楽しかった」と38歳での初挑戦を振り返っており、現在も衰えることないバイタリティーの根源が垣間見えます。

 Instagramでは過去にも、貴重なロングヘア時代や、「オードリー・ヘプバーンみたい」と話題になった20代前半の姿など、懐かしの写真を多く公開している徹子さん。

 毎度その美しさが大きな反響を呼んでおり、今回の1枚にも「超絶かわいいですね!」「アラジンのプリンセスみたい」「オシャレで素敵すぎます」「私も徹子さんみたいな歳の取り方をしたい」など好意的なコメントが続々と寄せられていました。

最終更新:8/2(水) 11:49
ねとらぼ